難消化性デキストリンで糖の吸収を遅らせることができる

中性脂肪の増加には食事から摂取される脂肪が原因と思っている人も多いですが、実は食事から摂取される糖分も中性脂肪を増加させる原因となっています。

今回はそんな糖の吸収を遅らせることができる「難消化性デキストリン」という成分について解説していきます。

スポンサードリンク


糖の吸収を抑えられる難消化性デキストリンとは?

「難消化性デキストリン」という名前だけみると、なんだか怪しい化学物質のような印象を持ちますが実際にはそうではありません。

難消化性デキストリンはジャガイモやトウモロコシといった野菜に含まれているデンプンから摘出された成分であり、水溶性食物繊維に分類されます。

つまり天然の成分から摘出したものですから、安心して摂取できる成分なのです。

難消化性デキストリンには、次のような作用が確認されています。

・食後血糖の上昇を揺るかにする
・食後中性脂肪の上昇を緩やかにする
・内臓脂肪の蓄積を低減する
・中性脂肪、コレステロールを低減する
・ミネラルの吸収を促進する
・おなかの調子を整える

難消化性デキストリンという名前からもなんとなく想像できますが、この成分は体内に入っても消化されづらいという特性を持っている食物繊維です。

消化されづらいと聞くとそれだけで体に悪そうに聞こえてしまいますが、実際にはこの消化されづらいという特徴のおかげで、食事から摂取された他の糖分や脂肪の吸収を上手に邪魔できるため、紹介したような様々な効果を得られるのです。

難消化性デキストリンが含まれる食品は?

難消化性デキストリンに糖や脂肪の吸収を抑える効果があるとなれば、中性脂肪値が気になる人にとっては喉から手が出るほど摂取したい成分です。この難消化性デキストリンは、どんなものに含まれているのでしょうか?

難消化性デキストリンはおもに特定保健用食品、いわゆるトクホに認定された食品や飲み物に含まれています。いくつか難消化性デキストリンを含んでいる特定保健用食品をご紹介します。

・からだすこやか茶W
キャッチーなCMが耳から離れない「からだすこやか茶W」は、日本コカ・コーラ株式会社から販売されている特定保健用食品です。難消化性デキストリンの効果を得るために大切なことは、なるべく食事と一緒に摂取することです。

そのため日本人にも馴染みの深く食事にもマッチしやすいお茶という形で、難消化性デキストリンを摂取できるのは嬉しい点です。

・アサヒ 食事と一緒に十六茶W
新垣結衣が出演していることで有名なアサヒから販売されている十六茶シリーズにも特定保健用食品に認定されている商品があります。

糖の吸収と中性脂肪の吸収を抑える2つの効果を持ち合わせる「Wトクホ茶」の中でも初めてカフェインを使わずに作ったお茶です。

・三ツ矢サイダーW
三ツ矢サイダーWもアサヒから販売されている特定保健用食品です。みなさんもご存知のとおり三ツ矢サイダーといえば炭酸飲料であり、炭酸飲料が健康に良いというイメージは正直少ないでしょう。

そんな炭酸飲料に、「糖分や中性脂肪の吸収を抑える」というこれまでのイメージとはまったく正反対な効果を持たせたのですから驚きです。

この他にも難消化性デキストリンが含まれている特定保健用食品は多く販売されており、お店の商品棚でもし注意して目を凝らせば「トクホ」の認定マークがついた商品をすぐに見つけ出せるでしょう。

「難消化性デキストリン入り○○」は自作可能!?

難消化性デキストリンの効果や特定保健用食品について紹介してきましたが、ここまでの話をまとめると「糖分や中性脂肪の吸収を抑える難消化性デキストリンを摂取するなら、特定保健用食品を摂取しましょう!」ということになります。

しかし、特定保健用食品は正直普通の飲み物などと比べると値段が少し高いです。500ml入りのペットボトルで200円程度するものもあります。

「200円程度ならそこまで高くないかも…。」と思う方もいるでしょうが、難消化性デキストリンの効果を実感するために一番大切なことは継続、つまり毎日特定保健用食品を飲み続けることです。そう考えると毎日の出費も侮れません。

しかし、難消化性デキストリンを特定保健用食品以外から摂取する方法があります。それが難消化性デキストリンのパウダーを自分で購入し、好きな飲み物や食べ物に入れるという方法です。

難消化性デキストリンのパウダーはインターネットで検索すればすぐに見つけられ、なにより値段が非常に安いです。

1gあたり2円程度の費用しかかかりませんし、難消化性デキストリンの1日の摂取量の目安は5~10gとされています。つまり1日あたり10~20円程度の費用で必要な難消化性デキストリンを摂取できるということです。

特定保健用食品と比べると値段の差は歴然です。もちろん特定保健用食品はすでに「飲み物」というすでに完成された状態で販売されているためパウダーと比べると値段に大きな差が出るのは当然といえば当然です。

しかしそのことを差し引いても、1日あたり10~20円という少ない費用は魅力的でしょう。

ただし難消化性デキストリンは体にとっては安全な成分ですが、それでも1日に多く摂りすぎてしまうとおなかが緩くなってしまうこともあります。

いくら「パウダーだと安い!」「早く効果を実感したい!」と思っても、1日の摂取量は5~10g程度に抑えるように心がけましょう。

水溶性食物繊維である難消化性デキストリンには、糖分や中性脂肪の吸収を抑える効果があり、中性脂肪対策にも有効です。

少し値段は張りますが、特定保健用食品に認定されている飲み物を飲むのもいいですし、パウダーを使って自分なりの「難消化性デキストリン入りドリンク」などを作るのもいいでしょう。

基本的な食生活の改善や運動といった中性脂肪対策と合わせて、取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ