腹式呼吸で簡単ぽっこりお腹対策!

中年になってくると徐々にお腹がぽっこりと出てきてしまう人が多いですが、そのぽっこりお腹は中性脂肪の増加が原因になっています。

ここでは中性脂肪とぽっこりお腹の関係や、ぽっこりお腹対策を紹介していきます。

スポンサードリンク


中性脂肪がお腹に溜まる?

世の中にはいろいろな「脂肪」という言葉がつく名前が存在します。中性脂肪とぽっこりお腹の関係を知る前に、それぞれの「○○脂肪」の意味をおさらいしましょう。

・中性脂肪
中性脂肪は、私たちの体のエネルギーとして利用される物質です。体は基本的に脂質や糖質をエネルギーに変えて行動しています。

これらの脂質や糖質は食事から摂取されますが、摂取量が多く消費エネルギーが少ない場合は、体内で余ってしまうため中性脂肪に合成されます。

そして、この中性脂肪が体内に「脂肪」として蓄積されていくのです。蓄積された中性脂肪は体内の脂質や糖質といったエネルギー源が不足してしまった場合の代わりのエネルギー源として利用されます。

体についているほとんどの脂肪の元がこの中性脂肪になります。

・皮下脂肪
皮下脂肪とは、その名のとおり皮の下についた脂肪のことです。二の腕やお尻、太ももなどの皮の下につくため、手で簡単につまめます。男性よりも女性の体に蓄積されやすい特徴があり、徐々に蓄積されていき、一度蓄積されると落としにくいのが皮下脂肪です。

・内臓脂肪
内臓脂肪は皮下脂肪とは違い、体の内側の内臓の周辺やお腹周りにつく脂肪のことです。体の内側にあるので指でつまもうとしても、あまりつまめません。ホルモンの関係で女性よりも男性の体に蓄積されやすい特徴があり、脂肪として蓄積されやすいですが、その分落としやすいのが内臓脂肪です。

このように「○○脂肪」はそれぞれ意味が異なるのですが、皮下脂肪も内臓脂肪も元をたどれば中性脂肪にいきつきます。そして、内臓脂肪は体の内側の内臓の周辺やお腹周りにつく脂肪のことをいいます。

まさにこの内臓脂肪こそ今回の話題である「ぽっこりお腹」の原因であるため、中性脂肪こそがぽっこりお腹の原因だといえるのです。

ぽっこりお腹だと「メタボ」の危険も!

「ぽっこりお腹」や「脂肪」という言葉を聞くと「メタボリックシンドローム」を連想する方も多いでしょう。
メタボリックシンドロームとは、簡単にいうと動脈硬化になり得る要素がいくつも重なっている状態のことです。動脈硬化になると血流が悪くなったり、最悪の場合血栓によって血の流れが止まってしまうため、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気を引き起こしてしまいます。

このメタボリックシンドロームの判断基準は次のようになっています。

まず第一に腹部に内臓脂肪が蓄積されていることが条件になります。具体的にはおへその位置の腹囲が男性の場合は85cm以上、女性の場合は90cm以上となっている場合です。そしてこの内臓脂肪の蓄積に加えて、以下の3項目のうち2つ以上が該当する場合、メタボリックシンドロームとなります。

・脂質異常症…中性脂肪値が150mg/dl以上。もしくはHDLコレステロール値が40mg/dl以上。

・高血圧…最高(収縮期)血圧が130mm/Hg以上。もしくは最低(拡張期)血圧が85mg/Hg以上。

・高血糖…空腹時の血糖値が110mg/dl以上。

このように腹部に内臓脂肪が蓄積されてあらわれるぽっこりお腹はメタボリックシンドロームの最初の診断基準になっているのです。

もちろんメタボリックシンドロームの診断基準は他にもあるためぽっこりお腹だからといって必ずメタボリックシンドロームというわけではありませんが、内臓脂肪を減らしてぽっこりお腹を解消するに越したことはないでしょう。

腹式呼吸でぽっこりお腹対策!

ぽっこりお腹の原因となっている中性脂肪を減らす方法はいくつかります。特に内臓脂肪は蓄積されやすい反面、落としやすい脂肪でもあります。

そのため脂質や糖質の摂取量を減らした食事をするだけでも、ぽっこりお腹を解消できる可能性があります。しかし、他にも意外な方法でぽっこりお腹対策ができるのです。

その方法は「腹式呼吸」です。私達が普段何気なくおこなっている呼吸ですが、普段行っている呼吸は「胸式呼吸」という浅い呼吸になっていることが多いです。

腹式呼吸は肋骨の下にある横隔膜を大きく上下に動かすため、胸式呼吸と比べて多く酸素を取り込めます。

脂肪を燃焼するために酸素を必要とするため、酸素を多く取り込めるようになるということはそれだけ中性脂肪を燃やしやすくなるということです。

また腹式呼吸はその名の通りお腹を使うため、呼吸をするだけで普段は使わないお腹周りの筋肉が鍛えられ、ぽっこりお腹を解消しやすくなります。
他にも便秘解消、ストレス解消といった効果も中性脂肪を燃やしてぽっこりお腹を解消するのに役立ちます。

腹式呼吸の方法は次のようになっています。

1.口から大きく空気を吸い込む
2.吸い込んだ息を10秒以上かけてゆっくりと吐き出す
3.吸い込んだ空気が全てなくなり、お腹が完全にへこむまで息を吐いたら、6秒かけて空気を吸い込む
4.空気を吸い込んでお腹がいっぱいまで膨らんだら、この状態を6秒キープする
5.再び10秒以上かけてゆっくりと空気を吐き出す
6.1~5の動作を繰り返す

普段から胸式呼吸をしている人にとっては、腹式呼吸を無意識で行うのは難しいです。しかし、毎日の生活や運動に腹式呼吸を取り入れて、意識してお腹を使うことでぽっこりお腹も解消されていくでしょう。

年齢を重ねるとともに気になってくるぽっこりお腹の原因は、中性脂肪が元となって増える内臓脂肪にあります。内臓脂肪が増えるとメタボリックシンドロームにもなりかねません。

普段から食生活や呼吸法を意識して、ぽっこりお腹対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ