中性脂肪を下げる食べ物・飲み物を積極的に取り入れよう

健康診断で中性脂肪の数値が高いと指摘された場合、中性脂肪を下げる取り組みをする必要があります。中性脂肪を下げるためにできる取り組みはいくつかありますが、その中のひとつが食生活の改善です。

ここでは中性脂肪を下げる食べ物・飲み物を紹介していきましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪を下げる食べ物!

体の中の中性脂肪の量は、食事から摂取される栄養によって左右されるといっても過言ではありません。脂質や糖質を多く摂取すればその分中性脂肪が増加してしまいます。

しかし、逆に今回紹介する食べ物を積極的に食べるようにすると中性脂肪を減らせます。それでは中性脂肪を下げる食べ物をみていきましょう。

・青魚
イワシ、サンマ、サバ、アジといった青魚には、「n-3系多価不飽和脂肪酸」に分類され中性脂肪を下げる働きがあるEPAが豊富に含まれています。

EPAは体内で合成されることがない成分なので、なおさら多く含まれている青魚を積極的に食事に取り入れることが大切です。

お肉と比べるとどうしても魚は調理も後片付けも手間になるイメージが強く、毎日魚を食べるのは難しいと感じるかもしれません。しかし、ありがたいことにEPAは生の青魚にはもちろんですが、青魚の缶詰にもしっかりと含まれています。

缶詰であれば後片付けの手間も増えずに、むしろ料理自体も楽になりますから、こういったものをうまく活用して1日1回は青魚を口にしたいところです。

・水溶性食物繊維
便秘解消などでよく耳にする食物繊維ですが、実は食物繊維には小腸に存在する中性脂肪を吸着して、体の外に排出する働きもあるのです。この中性脂肪を減らす効果は食物繊維の中でも「水溶性食物繊維」に含まれています。

しかし、健康のためにはもう一方の食物繊維である「不溶性食物繊維」も水溶性食物繊維と同じように摂取してバランスをとる必要があります。

水溶性食物繊維はおもに果物類、野菜類、海藻類に多く含まれます。不溶性食物繊維はおもに野菜類、きのこ類、穀類、豆類に多く含まれています。このふたつの食物繊維をバランスよくをとるように心がけましょう。

・りんご
中性脂肪を上げてしまう食材の中に果物があげられます。なぜなら果物は多くの糖分を含んでおり、この糖分は中性脂肪の材料となるからです。そのため中性脂肪の数値が気になる人は果物を控えるようにするべきなのですが、りんごだけは違います。

りんごには「りんごポリフェノール」が含まれているのですが、これには脂肪蓄積抑制効果があることが分かっており、中性脂肪を減少させられるのです。

他にも中性脂肪を下げる食品は多くありますが、特に身近な野菜類や青魚の缶詰めといったものから毎日の食事にプラスしていくようにするといいでしょう。

中性脂肪を下げる飲み物!

食べ物となるとどうしても朝食、昼食、夕食の3食が基本となるのでなかなか思ったように生活に取り入れられないこともあります。

そんなときは気軽に口にできる飲み物を上手に利用して、中性脂肪を下げるようにするといいでしょう。中性脂肪を下げる飲み物には次のようなものがあります。

・お茶
お茶といっても種類は豊富ですが、中には中性脂肪の増加や蓄積を防ぐ効果をもつものもあります。お茶の種類によって作用のしかたや効果の大きさにも違いがあるのですが、一般的に中性脂肪を下げる効果があるといわれているのは、プーアール茶、ギャバ茶、杜中茶、ルイボス茶、ウーロン茶です。

この中では入手もしやすく、食事と一緒にも摂りやすいウーロン茶が手軽さの面でおすすめできます。

・豆乳
美容効果やダイエット効果があることで知られており、特に女性に人気の高い豆乳にも中性脂肪を減らす効果があります。中性脂肪を減らす役割を担っているのは豆乳に含まれているサポニンという成分です。

ただし、豆乳に含まれている大豆イソフラボンを過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼす危険性もあります。「中性脂肪を下げるためにたくさん飲もう!」と安易に考えるのはよくありません。豆乳を継続して飲み続けるのであれば、1日コップ1~2杯程度にとどめておきましょう。

・コーヒー
コーヒーに含まれているクロロゲン酸というポリフェノールを摂取すると、中性脂肪がエネルギーとして積極的に使われるようになるため体内の中性脂肪が減りやすくなります。

ウーロン茶は食事と一緒に摂りやすいため、積極的に取り入れていきたい飲み物ですね。また豆乳は特に女性に嬉しい美容効果も期待できますし、男性の場合は仕事の合間にコーヒーを飲むという人も多いでしょうから生活の中に取り入れやすいかもしれません。

他にも健康の代名詞ともいえる青汁にも中性脂肪を下げる効果があるため、これを機会に飲みはじめるのもいいですね。

食べ物や飲み物でも限界が…

ここまで紹介してきたように中性脂肪を下げる食べ物や飲み物は確かにあるのですが、その効果にも限界があります。中性脂肪の基準値の上限は149mg/dlで、150~300mg/dlだと基準値を少しオーバーしている状態です。

この状態であれば食生活を改善して、今回紹介した食べ物を積極的に取り入れるだけでも十分中性脂肪値を基準値内まで引き下げることは可能です。

しかし300mg/dl以上になってくると食生活の改善だけでなく、運動や薬の服用なども必要になってきます。

中性脂肪を下げる食べ物や飲み物は、工夫次第で簡単に生活の中に取り入れられます。

すでに中性脂肪値が高い人はもちろんですが、今はそんなに高くないという人でも早いうちから中性脂肪対策のための食生活を考えてみた方がいいでしょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ