血液サラサラ対策にナッツを食べよう!

チョコやケーキ、お菓子に使われているナッツ類に、中性脂肪を減らして血液をサラサラにする効果があることをご存知でしょうか?

スポンサードリンク


ナッツ類に含まれる脂肪は血液をサラサラに!

ナッツ類を食べると「結構脂っこいな…。」と感じる人も多いでしょう。脂っこいとそれだけで中性脂肪を増やして血液もドロドロにしてしまいそうですが、実はナッツ類には中性脂肪を減らして血液をサラサラにする脂肪酸や栄養が多く含まれているのです。

▼ナッツ類に含まれる脂肪酸
ナッツの種類にもよりますが、ナッツ類には主に「オレイン酸」「リノール酸」「α‐リノレン酸」という脂肪酸が含まれています。

脂肪という単語を見たり聞いたりすると、それだけで「中性脂肪が増えてしまう!!」と考えがちですが、実は脂肪の中には中性脂肪には影響しないもの、中性脂肪を減らしてくれる不飽和脂肪酸というものが存在します。

お肉の脂身やバターといった動物性油脂が多く含まれるものを飽和脂肪酸というのですが、ナッツ類にも含まれているオレイン酸、リノール酸、α‐リノレン酸は不飽脂肪酸に分類され、それぞれ次のような働きがあります。

・オレイン酸…動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす効果があります
・リノール酸…動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らす効果があります。(ただし、悪玉コレステロールと一緒に善玉コレステロールも減らしてしまうため、摂取量には注意しないといけません。)
・α‐リノレン酸…中性脂肪を運ぶVLDLという輸送カプセルが余分に作られるのを抑える働きがあり、中性脂肪の増加を防げます。また動脈硬化の原因となる血栓ができるのを防ぐ働きもあります。

▼その他の成分
上で紹介した不飽和脂肪酸以外にも、ナッツ類には次のような栄養成分が含まれています。

・ナイアシン…脂肪や糖分の代謝を促進し、体内に取り込んだ中性脂肪が早くエネルギーとして消費されるようになります。
・ビタミンE…抗酸化作用があり血行促進効果があります。
・カロテン…抗酸化作用や悪玉コレステロールを抑制する効果があります。
・食物繊維…食事で摂取した糖質や脂質といった中性脂肪の原料になる成分の吸収を抑える効果があります。

ナッツ類には確かに脂肪が多く含まれていますが、その脂肪には中性脂肪を減らす効果や動脈硬化の原因となるコレステロールを抑える効果があります。さらに他にも多くの栄養が含まれているため、ナッツ類を食べると血液がサラサラになるのです。

おすすめしたいナッツ類はこれ!

上で紹介した血液サラサラ効果を期待できる成分は多くのナッツ類に含まれていますが、中でも血液サラサラ、中性脂肪対策のためにおすすめしたいのがくるみです。

くるみには非常に多くのα‐リノレン酸が含まれており、その量はナッツ類の中でも群を抜いています。このα‐リノレン酸はオメガ3脂肪酸とも呼ばれており、青魚に含まれるDHAやEPAと肩を並べて中性脂肪を減らす成分として注目されているのです。

またピーナッツやアーモンドについている薄皮には、動脈硬化を予防するポリフェノールが多く含まれているため、血液サラサラ効果が期待できます。

これからはおやつがわりにナッツを!

おやつとして毎日スナック菓子などを食べているという人も多いでしょう。しかし、スナック菓子に使われている油は中性脂肪を増やしてしまう効果があります。

そのためこれからは、おやつがわりに中性脂肪を下げる食材でもあるナッツ類を食べるようにしてみてはいかがでしょうか?

最後にナッツ類を毎日食べる場合のポイントを紹介するので参考にしてください。

・食べ過ぎない
いくら中性脂肪を下げたり血液をサラサラにする効果があるといっても、ナッツ類はカロリーが高いため、食べ過ぎてしまえば肥満の原因となってしまいます。くるみであれば1日に一掴み程度、ピーナッツなら20粒程度、アーモンドなら10粒程度を目安にして食べるようにしましょう。

・しっかりと噛んで食べる
ナッツ類は硬くて消化が悪い食べ物でもあります。しっかりと噛むことでナッツ類に含まれる成分も効果を発揮するようになります。

・なるべく新鮮なものを食べる
ナッツ類に含まれている脂肪分は酸化しやすいという欠点があります。新鮮さがなくなり酸化した脂肪分を口にし続けると老化が早まってしまうこともあり、中性脂肪どころの話ではなくなってしまいます。

一度封をあけたらなるべく数日の間で食べきること、正しい方法で保存することを心がけましょう。

・塩分に注意する
市販されているナッツ類の多くは、食べやすいように塩で味付けをされています。こういった塩分が多く含まれているナッツ類を毎日多く食べると高血圧になってしまいます。高血圧になると血管が傷付き、動脈硬化も発生しやすくなります。なるべく「無塩」「減塩」「薄塩」と表示されているものを購入するようにしましょう。

中性脂肪を下げる食品は様々ありますが、脂っこいイメージが強いナッツ類も実は中性脂肪を下げたり血液をサラサラにできる食品のひとつです。

1日一掴み、数粒程度を口にするだけなら誰にでもできることなので、中性脂肪が気になり血液をサラサラにしたいと考えているならぜひ生活の中に取り入れてみてください。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ