抗うつ剤パキシルによって中性脂肪が増える!?

うつ病の治療のために使われる薬は抗うつ剤と呼ばれますが、その中には服用することで体内の中性脂肪を増やしてしまうものも存在します。ここでは中性脂肪と抗うつ剤の関係について説明しましょう。

スポンサードリンク


なぜパキシルで中性脂肪が増える?

「パキシル」はSSRI(選択的セロトニン再取込み阻害薬)に分類されている薬で、うつ病、パニック障害、強迫性障害、社会不安障害、PTSDといった病気に効果がある薬です。

うつ病の薬は、三環系、四環形、SSRI、SNRIなどいくつかの種類に分類されているのですが、SSRIに分類されているパキシルは、抗うつ剤の中では比較的副作用が少ないといわています。

しかし、そんなパキシルを服用した人の中には「パキシルを服用するようになってから、中性脂肪が増えた!」という経験をした人も少なくありません。パキシルを服用することで中性脂肪が増える原因は2つ考えられます。

・原因1…セロトニンによる代謝抑制作用
パキシルを服用することで体内のセロトニンの量が増加します。セロトニンには心や体をリラックス状態にする効果があります。このセロトニンが増えることによって、うつ病特有の不安感などの症状を軽減できますが、その一方で体は落ち着いている状態になるため代謝機能が抑制され、脂肪の燃焼が行われづらくなります。

体内に蓄積されている脂肪は、中性脂肪がエネルギーとして使われずに蓄積されていったものです。そのため抗うつ剤を服用して体内のセロトニンの量が増えることで、蓄積されている中性脂肪がエネルギーとして使われづらくなり、体内の中性脂肪が増加してしまうのです。

・原因2…抗ヒスタミン作用による食欲増加
パキシルには抗ヒスタミン作用もあります。体内のヒスタミンが増えると満腹感を得ることができ、食欲を抑えられます。抗ヒスタミン作用ということはこのヒスタミンの作用を抑えるということですから、パルキシンを服用することで満腹感を得づらくなり薬を服用する前よりも食欲が増加することがあるのです。

パキシル以外の抗うつ剤でも中性脂肪が増加する?

上記ではパキシルを服用したときに中性脂肪が増加する原因を紹介しましたが、実はこれはパキシルだけでなく他の抗うつ剤にも当てはまることです。そのためパキシルに限らず、抗うつ剤を服用すると体内の中性脂肪が増加する可能性があるといえます。

体の消費エネルギーが少ないと体内に取り込まれた中性脂肪は体脂肪となって蓄積されていくので、その分太ります。つまり中性脂肪が増加するということはその分太ってしまうということでもあるのですが、抗うつ剤の種類によって太りやすさも変わってきます。

抗うつ剤の中で最も太りやすいと言われているのが、トリプタノール、リフレックス、レメロンという薬です。その次に太りやすいといわれているのが、パキシル、トフラニール、アモキサン、アナフラニール、ノリトレン、ルジオミールです。

さらにその次が、テトラミド、ジェイソロフト、レクサプロ、ドグマチール、レスリンです。そして抗うつ剤の中でも太りにくいとされているのが、サインバルタ、イフェクサー、トレドミンとなります。

まずはうつ病を治すことが大切!

うつ病の治療薬として使われる抗うつ剤に中性脂肪を増加させてしまう副作用があると聞くと、薬を飲むのを少しためらってしまうかもしれません。中性脂肪が増えるということはその分太りやすくもなるということですから、なおさら女性にとっては避けたくなる薬かもしれません。

しかし、抗うつ剤は当然のことながらうつ病を治すために処方されます。そのため「中性脂肪が増えるのが怖いから。」「太りたくないから。」という理由で自己判断で抗うつ剤の服用をストップするのは、絶対にやめましょう。

自己判断で抗うつ剤の服用をストップしたり、薬の量を減らすと辛いめまいや吐き気、震えといった離脱症状があらわれます。

そのため、抗うつ剤を飲む場合にはまずは第一にうつ病を治すことを目標にしましょう。そして、中性脂肪の増加や体重の増加が気になる場合には、

・満腹を感じないからといって食べ過ぎていないか?
・少しずつ運動をして消費エネルギーを増やす
・医師に中性脂肪が増加しづらい、もしくは太りづらい抗うつ剤に変更できないか相談する
・うつ病が回復傾向になったら、医師との相談のもと少しずつ減薬する

といった部分に注目して対策をとりながら生活をしていくといいでしょう。

パキシルをはじめとした抗うつ剤には中性脂肪を増加させ太りやすくしてしまう副作用があり、
中性脂肪が増加した状態が長く続くと動脈硬化を引き起こしてしまいます。しかし抗うつ剤を服用する場合には、まずは中性脂肪の増加よりもうつ病を治すことに専念するようにしましょう。

うつ病が治り服用する抗うつ剤の量が減れば、その分増加していた中性脂肪や体重も少しずつ減っていき正常に戻るケースが多いのです。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ