中性脂肪値の上昇が引き起こす高血圧

中性脂肪は普段は体の非常時のエネルギーとして蓄積されており、人が生きていく上で必要不可欠なものです。

しかし、中性脂肪値が上昇して基準値を超えると高血圧を引き起こすこともあるのです。

スポンサードリンク


高血圧と動脈硬化

中性脂肪値の上昇が高血圧を引き起こす理由を知るには、まずは高血圧と動脈硬化の関係を知る必要があります。

まず高血圧がどんな状態なのか説明しましょう。私達の体の中には隅々まで血管が張り巡らされています。血管の中を血液が流れ、血液に乗って酸素や栄養をが全身にくまなく運ばれることによって人は生きていけるのです。

この血管の中を流れる血液を送り出すのが心臓の役目であり、心臓は全身へと血液を送り出すために強い圧力をかけています。簡単にいえば、この圧力が普段より強くなってしまうのが高血圧の状態です。

高血圧になると血管の壁に強い圧力がかかることになるため、そのぶん血管の壁に傷がつきやすくなってしまいます。

続いて動脈硬化について説明します。動脈硬化とは、簡単にいうとLDLという悪玉コレステロールが血管にしみ込んでこぶを作り、血液が流れにくくなってしまう状態のことをいいます。

LDLは常に血液の中に存在しているのですが、血液中に存在している量が増えすぎると血管の中へとしみ込んでいきます。血管の中にしみ込んでしまったLDLは身体からしてみれば不要なものになるので、マクロファージという細胞がこのLDLを掃除します。

しかしこのときに炎症反応が起きてしまい、マクロファージは最終的に血管の中でこぶのように膨れ上がってしまうのです。

血管にこぶができるということは、その分血液の通り道が狭くなるということなので、血液の流れが悪くなります。しかし体のすみずみまで血液を届けないといけないので、心臓はさらに強い圧力をかけて血液を送り届けようとします。

このように動脈硬化が発生することによって、血管に強い圧力がかかる高血圧の状態になってしまうのです。

さらに壁に強い圧力がかかるということは、そのぶん血管の内側が傷つきやすくなるということでもあります。血管の内側に傷ができると、その傷の隙間からLDLが血管の内部にしみ込みやすくなるため、さらに動脈硬化が進行します。

動脈硬化が発生→血液の流れが悪くなる→血液を流すために高血圧になる→血管の壁に圧力がかかり傷がつく→傷からLDLが血管内部にしみ込む→血管内部にこぶができて動脈硬化がさらに進行する→さらに血液の流れが悪くなる…

動脈硬化と高血圧はこのような悪循環を生み出してしまうのです。

動脈硬化と中性脂肪

次に動脈硬化と中性脂肪の関係について説明していきます。先ほどLDLが血管の内部にしみ込みこぶができることで動脈硬化が発生すると説明しました。実は動脈硬化の発生原因はLDLだけではなく、小型LDLというものも深く関係しています。

小型LDLとはその名のとおり、LDL(悪玉コレステロール)の大きさが小さくなったもので「超悪玉コレステロール」とも呼ばれています。

大きさが小さい分LDLよりも血管の内部にしみ込みやすく、さらに血管の内部で酸化しやすいという特徴があります。そのため、小型LDLが血液内に増えると動脈硬化はさらに進行していきます。

そしてそんな超悪玉コレステロールである小型LDLの量は、中性脂肪値が高い場合に増えることが分かっているのです。

中性脂肪値の上昇が間接的に高血圧を引き起こす!

ここまでの話をまとめてみます。

まず高血圧の状態になる主な原因は動脈硬化です。血管の内部に体内で増えすぎたLDLや小型LDLが侵入して、血管内部にこぶができることで血流が悪化します。そしてこの血流の悪化を防ぐために、心臓がさらに強い圧力をかけて血液を全身に流そうとするのです。

これがいわゆる高血圧の状態であり、この状態が続くと血管の壁に強い圧力がかかり続けて、傷ができてしまいます。するとそこから再びLDLや小型LDLが侵入していき、動脈硬化、そして高血圧の進行が加速していくのです。

そして体内の中性脂肪の増加にともなって、動脈硬化の進行を加速させる原因となる小型LDLも増えてしまうのです。

このように中性脂肪値の上昇は、間接的に高血圧を引き起こす原因となっているのです。

高血圧や動脈硬化というのは、健康診断で数値や問題を指摘されても本人には自覚症状があまりありません。そのためついつい特別な治療もせずに毎日の生活を送ってしまいがちですが、体の中では血管や臓器に知らないうちに負担がかかってしまい、ある日突然血管や臓器が悲鳴をあげることになります。

健康診断の項目にある中性脂肪の数値は、高血圧や動脈硬化に気付くきっかけにもなるものです。定期健診のたびにしっかりと目を通して、体の異常をすぐに察知できるようにしておきましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ