中性脂肪と眠気には意外な関係性がある

中性脂肪の増加は動脈硬化や生活習慣病と関係しているイメージが強いですが、実は意外なところで眠気にも関係があるのです。

ここでは中性脂肪と眠気にどんな関係があるのか、そして簡単に取り入れられる眠気対策を紹介します。

スポンサードリンク


急激な血糖値の変動が招く眠気

中性脂肪は非常時のエネルギー源として、体に脂肪として蓄積されていきます。

そのため、体内の中性脂肪の量が増えるとその分内臓脂肪も付きやすくなります。体内の内臓脂肪が増えるとインスリンの能力が低下して「高血糖」の状態に陥りやすくなります。

この高血糖はみなさんもご存知の糖尿病の特徴でもありますが、高血糖になると体内の血糖値は上昇しやすくなります。

そして体内の血糖値が症状すると、この上昇した血糖値を抑えるためにインスリンが過剰に分泌されることがあります。インスリンが分泌されれば血糖値は低下しますが、分泌量が多すぎると血糖値も必要以上に低下することになります。

血糖値が必要以上に低下している状態は、脳からすれば「エネルギーが不足している状態=命が危険な状態」ということであり、体を休ませるために強烈な眠気を発生させるのです。

このように中性脂肪の増加が内臓脂肪の増加、そして血糖値の上昇を招き、日中の眠気を引き起こすことがあります。

睡眠時無呼吸症候群が招く眠気

最初にもいいましたが、中性脂肪が増加するということは体脂肪の増加に繋がります。そしてこの体脂肪の増加によって「睡眠時無呼吸症候群」に陥ってしまうケースも珍しくありません。

睡眠時無呼吸症候群は、その名のとおり睡眠中に呼吸が止まってしまう症状のことです。

睡眠中に呼吸が止まってしまう原因は大きくわけて2つあり、物理的に喉や気道が塞がることで発生する「閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」となんらかの原因で脳から呼吸信号が送られなくなってしまい発生する「中枢性睡眠時無呼吸タイプ」があります。

中性脂肪が関係しているのは、前者の閉塞性睡眠時無呼吸タイプになります。
なぜなら中性脂肪の増加に伴って体脂肪も増加して、喉や気道のスペースが少なくなる可能性があるからです。

人がなぜ睡眠をとるかというと、脳や身体を休ませるためです。そのため、人間は睡眠をとりながら呼吸をして、全身に酸素を送っています。

しかし、睡眠中に呼吸が止まってしまうと体の中の酸素量は減っていき、これを補うために心拍数が知らないうちに上昇していきます。

この心拍数の上昇は本人が気づいていなくても脳や身体に大きな負担を与えており、本人が睡眠をとっているつもりでも脳や身体からしたら全く休憩できていない状態になるのです。

そのため睡眠時無呼吸症候群の人の体は、睡眠中にしっかりと休めなかった分、日中に強烈な眠気を発生させます。

このように中性脂肪の増加が睡眠時無呼吸症候群を引き起こし、眠気の原因となるケースもあるのです。

覚えておきたい眠気対策

中性脂肪と眠気の関係について説明してきましたが、みなさんは似中に眠くなってしまったときどのような対策をとっているでしょうか?

顔を洗って目覚める、刺激のあるガムを噛む、コーヒーを飲む…。
人によっていろいろな眠気対策があると思いますが、眠気対策として最も単純で、なおかつ効果が期待できる方法をいひとつお教えしたいと思います。

それは「短時間の昼寝」です。日中に眠気を感じたら、無理に起きていようとせずに可能であれば30分以下の睡眠をとるようにしてみてください。

このとき完全に横になってはいけません。
完全に横になれば長い眠りにつく準備が整ってしまいます。
そのため、長い眠りにつかないようにイスに座った状態で寝るのがおすすめです。

たった30分以下の睡眠をとるだけで、それまでの眠気が嘘のように吹き飛びます。
睡眠時間が短いと眠気がとれないというイメージがありますが、実は昼寝の場合は長く眠りすぎてしまったほうが目覚めが悪くなります。

もちろん、中性脂肪の増加によって睡眠時無呼吸症候群や糖尿病を発症し、あまりにも強烈な眠気に襲われるという場合には病気そのものの改善が必要です。
しかし、症状が軽い場合にはこういった対策でも日中の眠気を回避できる可能性もあるので試してみてください。

中性脂肪の増加そのものが眠気を引き起こすわけではありませんが、中性脂肪が増加して病気が誘発されることによって眠気が引き起こされることは十分あり得ます。

人によっては我慢できないほどの眠気を感じて、日常生活に支障をきたす場合もあります。
中性脂肪の増加は動脈硬化なども引き起こすため、健康診断のさいにはしっかりと数値を確認するようにしましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ