忙しいあなたも大丈夫!自宅で検査できる中性脂肪検査キット

誰だって自分の体は大切にしたいものですが、どうしても忙しさを理由に健康診断などをないがしろにしてしまい、自分の中性脂肪の数値を把握できていないという人もいるでしょう。

今回はそんな忙しい人のために、自宅で簡単に中性脂肪の血液検査ができる検査キットについて紹介します。

スポンサードリンク


検査キットは簡単に手に入る!

まず忙しい人になぜ検査キットをおすすめするかのというと、簡単に手に入るからです。忙しい人にとっては、中性脂肪の数値をはかるために病院へ行くのにかかる時間、そして検査にかかる時間さえおしいものです。

しかし、検査キットは病院や薬局に足を運ばなくてもネット通販で購入できます。ネット通販で購入できるなら、忙しい人でもとりあえず検査キットを手に入れることは難しくありませんよね。

検査キットの中には7,000円程度で購入できるものもあります。言いかえると「自宅にいながらにして、7,000円で中性脂肪の数値を知ることができる」ということですね。

これをどう思うかは人によって異なるかもしれませんが、忙しい人にとっては「7,000円を払うことで病院へ行くまでの時間や検査にかかる時間を短縮できると考えると、安い値段かもしれませんね。

検査キットは簡単に検査ができる!

ネット通販で簡単に購入できても、検査キットの使い方が難解では意味がありません。しかし、安心してください。検査キットの使い方はとても簡単で、おおざっぱにいうと「指に針を刺して出てきた血をシリンダーに入れるだけ」です。

指に針を刺すというととても怖い気がしますが、痛みは本当にチクッとする程度なので誰でも気軽に使えます。

この自分の血液が入ったシリンダーを所定の場所に郵送することで血液を検査してもらえ、1週間程度で検査結果を自宅に郵送してもらえるのです。

指に針をさすというととても怖い気がしますが、痛みは本当にチクッとする程度なので誰でも気軽に使えます。中性脂肪は血中脂質と呼ばれるもので、コレステロールなどと一緒に血液に溶け込んでいます。

病院での検査では採血をしてその血液を調べますが、検査キットでは自分で針を刺してそこから血をとることで検査ができるのです。

これは血をとるための方法こそ異なりますが、測定の原理としてはどちらも血液を検査するので大きな違いはありません。そのため、検査キットを正しく使えば自宅にいながら比較的信頼できる数値を知ることができるのです。

また、検査キットを使って知ることができるのは、中性脂肪の数値だけではありません。キットによって異なりますが、他にも脂質代謝に関係するコレステロール値、肝機能に関わるGOT値、糖代謝に関わる血糖値など健康に関係する大切な数値を知ることができるのもおすすめできるポイントです。

中性脂肪の基準値は?

いくら中性脂肪の数値を知ることができても、その数値が正常なのか異常なのか分からなければ意味がありません。中性脂肪の数値を知る上でポイントになるのは「150」という数字です。

中性脂肪の正常値は、30~149md/dlとなっており、中性脂肪値がこの範囲内であれば健康にも問題はないといわれています。しかし、中性脂肪値が150を超えると高中性脂肪血症とという状態であり、動脈硬化などを引き起こします。

そのため中性脂肪値を確認するときは、「150」という数値を超えていないかどうかまずは確認しましょう。

そして、もし150を超えている場合は、高中性脂肪血症という状態であり、危険度によって次の3段階に分類されます。

150~299mg/dl…軽度高中性脂肪血症
300~749mg/dl…中度高中性脂肪血症
750mg/dl以上…高度高中性脂肪血症

もちろん数値が増えれば増えるほど危険度も増していきます。高中性脂肪血症には基本的に自覚症状がありません。そのため検査キットを使って出た数値が正常値を超えている場合は、病院を受診するようにしましょう。

現代社会にはさまざまな健康を脅かすリスクが潜んでいます。そのリスクから身を守るためにも、できるだけ定期的に健康診断などを受けるべきです。

しかし、中にはどうしても忙しくてその時間さえも確保できないという人もいるでしょう。そういった忙しい人には、やはり簡単に入手でき、簡単に検査ができる血液検査キットがおすすめです。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ