男女別・年齢別の中性脂肪の平均値ってどのくらい?

中性脂肪の数値は健康診断の結果報告書の中でも、特に気になる部分だと思います。「正常」「要精検」「要治療」など数値に応じて診断結果が報告されますが、実際どのくらいの数値が中性脂肪の平均値なのか気になる人も多いでしょう。

ここでは、中性脂肪の男女別、年齢別の平均値や、数値の違いの理由をみていきましょう。

スポンサードリンク


男女別・年齢別の中性脂肪の平均値

早速ですが、平成22年度の国民健康・栄養調査による性別、年齢別の中性脂肪の平均値を見てみましょう。

・男性の場合
20~29歳…121.4mg/dl
30~39歳…161.6mg/dl
40~49歳…171.2mg/dl
50~59歳…155.3mg/dl
60~69歳…164.0mg/dl
70歳以上…132.8mg/dl

20歳以上の男性の中性脂肪の平均値…152.5mg/dl

・女性の場合
20~29歳…82.7mg/dl
30~39歳…86.4mg/dl
40~49歳…103.6mg/dl
50~59歳…124.4mg/dl
60~69歳…132.5mg/dll
70歳以上…123.4mg/dl

20歳以上の女性の中性脂肪の平均値…114.1mg/dl

政府統計の総合窓口 e-stat 
「血清中性脂肪(トリグリセライド)値の分布(性・年齢階級別)[服薬者除外]」より引用

性別の違いによる数値の違い

上で紹介した数字をみると、性別、年齢によって中性脂肪の数値に違いがあることがわかります。

まずは性別による数値の違いから見ていきましょう。
20歳以上の男性の中性脂肪の平均値は152.5mg/dlです。一方で20歳以上の女性の中性脂肪の平均値は114.1mg/dlとなっており、男女で数値にかなりの差があることがわかります。
なぜ性別が違うだけで中性脂肪の数値に違いがあるのでしょうか?

その理由は女性ホルモンにあります。
女性ホルモンといったらその名の通り女性にはなくてはならないホルモンであり、この女性ホルモンが分泌されるからこそ女性は妊娠や出産ができるのです。

実はこの女性ホルモンには、内臓脂肪の蓄積を抑える効果があります。内臓脂肪の元は身体に溜まった中性脂肪です。

つまり男性と女性を比べると女性の方が女性ホルモンの分泌量が多く、そのぶん内臓脂肪の蓄積も抑えられるため、男性より女性の方が中性脂肪の数値が低くなる傾向にあるのです。

男女共通の年齢による数値の違い

男性と女性の中性脂肪の平均値を比べると男性の方が高いことが分かりますが、実は中性脂肪の数値は年齢によっても変わってきます。その理由のひとつに加齢による成長ホルモンの減少があげられます。

成長ホルモンというと成長期の子どもが連想されますが、実は成長ホルモンは成長期を過ぎたあとも分泌されて健康の維持のために役立っており、中性脂肪を分解する働きももちあわせています。

しかし残念ながらこの成長ホルモンの分泌量は年齢を重ねるごとに減少していくため、それにともなって体内の中性脂肪も分解されづらくなり、加齢とともに中性脂肪の数値は増加する傾向にあります。

また年齢が重なるにつれ、体の基礎代謝も低下していくため中性脂肪が蓄積されやすくなります。

このような成長ホルモンの分泌量の低下や基礎代謝の低下による中性脂肪値の増加は、男女に共通していえることです。

男性の年齢による数値の違い

先ほどは男女共通の加齢による数値の変化について説明しましたが、次は男性特有の年齢による数値の違いについてです。

上で紹介した男性の中性脂肪値をみてみると、20代と30代以降の数値の違いに目が行きます。
なぜ男性は30代から中性脂肪の数値がぐんと高くなるかというと、そこにはアルコールの摂取や運動不足が関係していると考えられます。

男性の場合は、やはり30代になると会社での飲み会が増え、若い頃と比べると運動量も減ってしまいます。そのため、30代になるとぐんと中性脂肪値があがり、健康診断でもひっかかりやすくなるのです。

女性の年齢による数値の違い

女性の中性脂肪の数値の変化を見てみると、50代以降の数値の高さが目につきます。これには女性ホルモンの分泌量の減少が関係していると考えられます。

さきほど女性は女性ホルモンの分泌量が多く、そのおかげで男性よりも中性脂肪が少ないといいました。しかし、女性ホルモンは体内で一生同じ量が分泌されるわけではなく、およそ50歳前後で分泌量が少なくなってしまうといわれています。

これはいわゆる更年期障害をむかえるタイミングであり、女性の場合は閉経も関係しています。

そのためこの年齢に近づくと体内の女性ホルモンの分泌量が急激に減少し、それまでは女性ホルモンによって抑制されていた体内の中性脂肪の量もぐんと増えてしまうのです。

今回紹介したように中性脂肪の数値は、性別や年齢によって違いが出てきます。今の自分の性別や年齢では、体の中の中性脂肪が増加しやすいのかどうかしっかりと判断して、問題があるのならば生活改善に努めるようにしましょう。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ