中性脂肪値が29以下の場合は、他の病気が潜んでいないか調べます

中性脂肪値の正常値は30~149md/dlと設定されており、29mg/dl以下になると「低中性脂肪血症」に分類され、体内の中性脂肪の量が不足している状態となります。

そして中性脂肪値が低くなる理由には、他の病気が潜んでいるケースがあります。

スポンサードリンク


中性脂肪値が低くなる理由

中性脂肪は、基本的に食事から摂取されて運動などの活動をすることでエネルギーとして消費されます。しかし、消費されなかった中性脂肪は体脂肪として蓄積され、それに伴い中性脂肪値は増えていきます。

そのため、次のような理由から中性脂肪値が低くなることがあるのです。

・遺伝や体質
体内に存在する中性脂肪の量は、親から遺伝することがあります。
そのため親がもともと中性脂肪が少ない体質だった場合、子どもも中性脂肪が少ない体質になることがあるのです。

・ダイエットによる食事量の不足、栄養の偏り
中性脂肪の作られ方は、食事から摂取するか、体内で合成するかのどちらかです。
そのため食事の量が減ったり、栄養が偏ってしまうと体内の中性脂肪の量が減少してしまいます。
これは特に女性に多く、無理なダイエットによる中性脂肪値の低下がみられます。

・過度な運動
中性脂肪は運動をすることによって、エネルギーとして消費されていきます。適度な運動であれば体内の中性脂肪の量は正常に保たれますが、常に過度な運動をしていると体脂肪として蓄積されている中性脂肪がどんどん分解されていき、正常値を下回ってしまうことがあるのです。

こういった遺伝や普段の生活習慣が原因で中性脂肪値が低くなることがあります。

特に「脂肪」という言葉がついていることから「中性脂肪は下げさえすればいい!!」というイメージがあり、過度なダイエットや食事制限で中性脂肪を必要以上に下げてしまう人が多い(特に女性に多い)です。

中性脂肪値を下げる病気

上のように生活習慣等が原因で中性脂肪が低下することがありますが、実は他の病気が原因となって中性脂肪が少なくなることもあるのです。有名な中性脂肪値の低下を引き起こす病気としては、次のものがあります。

・甲状腺機能亢進症(バセドー病)
甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンの生産、分泌が過剰になる病気です。
これは言い換えれば、体の新陳代謝が活発になるということです。
新陳代謝が活発になると人の体は常に運動しているような状態になり、そのぶん体内の中性脂肪もエネルギーとして消費されていきます。

そのため、中性脂肪値が低い場合は甲状腺機能亢進症の発症が疑われるのです。

・肝機能障害
最初に中性脂肪は食事から摂取されるといいましたが、実は食事から摂取された糖などを元にして体内で合成される中性脂肪もあります。体のどこで中性脂肪を合成するかというと、肝臓です。

つまり中性脂肪の値が低いということは、なんらかの影響で肝臓の機能が低下している可能性も疑われるのです。

中性脂肪値が低い場合も病院へ!

「中性脂肪は多すぎると健康に悪い!」という考え方は間違っていません。しかし、中性脂肪の多さにばかり気をとらえてしまってもいけません。

中性脂肪は低すぎてもめまいや動悸といった悪影響を及ぼしますし、なによりも中性脂肪値が低い場合は上で紹介したような病気の可能性もあります。

中性脂肪が「高い」と危機感を感じて病院へ行く人は多いですが、「低い」だけだとついつい現状を甘く見てしまい、病院へ行かない人もいます。

もし健康診断で中性脂肪値が29md/dl以下の場合は、低中性脂肪血症の疑いがあるため、一度病院を受診して他の病気がないか調べるようにしましょう。

中性脂肪は身体にとって必要不可欠なエネルギーですが、多すぎても少なすぎてもいけません。
健康診断の結果はしっかりと受け止め、中性脂肪値が低い場合でも適切な対処をとるようにしてください。

スポンサードリンク


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ