中性脂肪は、本当に悪者?

中性脂肪とは別名トリグリセライド(トリグリセリド)と呼ばれ、グセリンに3つ脂肪酸が結合したものです。俗にいう、「贅肉」や「内臓脂肪」は中性脂肪の塊です。

食事で摂取した中性脂肪は、胆のうから分泌される胆汁とすい臓から分泌されるリパーゼにより、3つの脂肪酸のうち2つがグリセリンから離れ、2つの脂肪酸とモノグリセライド(グリセリンに1つ脂肪酸が結合したもの)に分かれます。そして、小腸で吸収されます。

その後、小腸上皮細胞内で中性脂肪へと再合成され、コレステロールやタンパク質などと共にキミクロンを形成し、リンパ管経て肝臓へ運ばれ、エネルギー源として使われますが、余剰分は体内に中性脂肪として蓄積されます。体内に蓄積される中性脂肪は、過剰摂取だけが原因ではなく、糖質からも合成されます。過剰に摂取した糖質は、グリコーゲンとして蓄積されますが、グリコーゲンとして蓄積できる量には限界があるため、大部分は肝臓で脂肪酸になり、中性脂肪へと変換されます。このように、糖質も中性脂肪に大きく関係しています。

最近流行りの「炭水化物抜きダイエット」は、炭水化物(糖質)の摂取を抑えることで、過剰な糖質からの脂肪酸の合成を抑え、中性脂肪の蓄積を防ぐという理屈です。

中性脂肪を構成する脂肪酸には、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があります。飽和脂肪酸は炭素間に二重結合を持たない脂肪酸で、牛肉などの動物性の油脂(魚類は除く)に多く含まれています。不飽和脂肪酸は、炭素間に二重結合を持つため、保管や加熱時に酸化しやすい特徴があります。

しかし、魚やオリーブオイルに豊富に含まれており、DHAやEPAもこれに含まれます。これらは、動脈硬化や抗炎症効果など認められており、以前からその生理活性は注目されています。その他には、脂肪酸の炭素鎖の長さによって、短鎖・中鎖・長鎖脂肪酸に分類されることもあります。

この中で、最も注目されているのは中鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸よりも早く吸収され、リンパ管を通らずに直接肝臓へ運ばれるため、エネルギーとして消費されるスピードが速く、中性脂肪として蓄積されにくいことが分かっています。

この中鎖脂肪酸はココナッツオイルやパームフルーツなどにも豊富に含まれており、「MCTオイル」と一般的に呼ばれています。(MCT=Medium Chain Triglycerideの略です)最も身近な中性脂肪は血液中に含まれる中性脂肪だと思います。血液検査の結果には、中性脂肪はTGと記載されていますが、人の場合は30~150mg/dlです。これを超えると中性脂肪血症と診断されます。

中性脂肪血症は、動脈硬化や心筋梗塞のリスクを高めるため注意が必要です。これは生活習慣病のため、過食やアルコールの摂取など食生活を中心に改善することが大切です。ちなみに人の血液検査では食事を摂取することで血液中に増加する中性脂肪ではなく、エネルギーとして使われなかった過剰な中性脂肪を測定します。

そのため、検査前は絶食しなければならないのです。このように何かと中性脂肪は“マイナス”のイメージが強いですが、適正量であれば体にとって良いものです。例えば、脂質は1gあたり9kcalのエネルギーを持っていますが、糖質・タンパク質は半分以下の4kcalしかありません。とても、効率の良いエネルギー源といえます。また、ビタミンは脂にしか溶けない脂溶性ビタミンというものがあり、動物は脂質(=中性脂肪)と共に摂取しています。

このように、悪者になりつつある中性脂肪ですが、適度に摂取することで健康に役立っており、中性脂肪を構成する脂肪酸には健康を促進するような機能も発見されています。

また、体に蓄積される中性脂肪は、脂質だけではない糖質などの過剰摂取も気を付けなければいけません。どんな栄養成分でも最後は“適量”が大事です。


中性脂肪の基礎知識
血液検査でわかる中性脂肪値
病院での治療について
中性脂肪値が高い方へ
食事で対策
中性脂肪を下げるための習慣
中性脂肪値が低い方へ